年金分割の割合について

離婚時年金分割制度とは、離婚後に片方配偶者の年金を一部分割して、もう片方の配偶者が受け取れるという制度です。それで年金分割の割合ですが、これは夫婦で話し合って決められます。話し合いで決まれば妻として有利な配分を得ることが可能になります。

しかし話し合いが決裂して家庭裁判所に調停を申し立てれば家庭裁判所で話し合いをすることになります。そして調停が不成立になると、家庭裁判所が審判で年金の按分配分を決めて、どちらかがこれに不服ならば即時抗告で、今度は地方裁判所で争うことになります。

離婚時年金分割制度は、年金は分割出来るけど割合は両者が話し合いで決めることにしてるから、分割の割合の目安はないです。そして家庭裁判所でも分割の割合は、財産分与の時と同じで、財産形成の貢献度に応じての分割と同じ比率での年金分割の割合になりそうです。
離婚時年金分割制度で誤解をしている人が多いけど、分割は厚生年金や共済年金だけで、国民年金の部分は分割対象外だということと、必ず夫の年金が分割されるわけではなく、妻の方がもらう年金が多ければ、妻の方が年金を分割して夫に払うことになります。だから妻の方が年金を多く貰う状態なら、妻は年金分割の事を黙っていないと損になります。惑星