*

家庭内における紛争やもめごとなど、家庭に関する事件のことを「家事事件」と呼ばれていますが、家事事件は家族の感情的な対立が背景にあることが多いため、家庭裁判所においては法律的な観点からの判断だけではなく、相互の感情的な対立を解消することが求められています。従って、裁判ではなく調停や審判という形で解決することが多くなっています。

そこには、家庭や親族間の争いごとは国家権力が介入して公開の法廷で一方的に結論を出すことよりも、当事者間の話し合いを優先させたり、非公開の手続で色々な事情を調査したりした方が有効な解決が図れるという法の考えが根底にあります。虹

なお、家事事件における審判については主に、相続放棄や後見人の選任、養子縁組の許可、子の氏の変更許可などがあり、これらの事件は公益に関するため、当事者が対立して争う性質のものではないことから、家庭裁判所が専ら審判を下します。

一方、親権者の変更や養育料の請求、婚姻費用の分担、遺産分割などの場合は当事者間による争いでもあることから、第一次的には当事者間の話合いによる自主的な解決が望まれるため、通常は最初に調停が行われ、話合いによる調停が成立しなかった場合に限って審判手続に移り、審判によって結論が示されることになります。